2007/12/20

MovingSkirtScript


*スカートスクリプトの更新履歴を下のほうに書いてあります^^
【SL CREATORS AWARD 2007】のあと、スカート何とかしなければ・・・
と思っていたところ、はかたのraraさんから
今度Fashion Designers Contestに出て見ない?とお誘いがありました。
CREATORS AWARDで力不足を感じてたのですが、よしもう一回挑戦しよ!と
またドレス作りを始めました。
今度は足が歩く時にピョンピョン出ないように、flexの柔らかさ、角度、アタッチの位置とか
何度も作り直して、歩く時に脚が出ないスカートが何とか出来上がりました。
このドレスが今販売してるRoserairでした。
その時にflexをいじるためにちょっとしたスクリプトを書いたりなんかしてました。
結局応募したRoserairは形が出来ちゃったのでその時のScriptは未完成のまま放置になっちゃいましたが><
応募して審査結果発表までの間にこんな記事を見ました。
あっ!とショックを受けましたネ><
これ作りかけのスクリプトで出来るじゃん!
すぐさま作りかけのスクリプトをいぢって動かすことは簡単に出来ました。
posとlotで動かせばいいのだから、ピアスで何回かしていたことなので・・・動かすだけはネ><
言ってみればこれが多分version1.01です。
で、いまだにこの記事のスクリプト入り商品は手にした事がありません。
影響受けて似たようなものになったら怖いので、たぶん買うことは無いでしょう。
ただここからが商品にするためには大変でした><
ユーザービリティは?ユーザーさんに解かりやすくできる?
売っちゃったら中のスクリプトすぐには変更できないよ?
思いも付かない事をお客さんはしてしまうかもしれないし・・・
etc・・・
あとはSIMの負担を減らしたい・・・
そこがうまく出来なくてJCIオフィサーreikaさんに相談しました。
相談しに行った時、Tsutsujiちゃんもいてこれは早く発売しなよぉ!との心強い言葉をいただいて
もうちょっと良くなるようにと一日中スクリプトいじってました^^;
reikaさんにはザザーッとコードを見ていただいて、翌日にはこれで大丈夫じゃない?と言う
ちゃんとコーディングがされたスクリプトをいただきました。
これがversion1.02 名前は確かまだ無かったけど^^;たぶんそんなところ
それから体格とか座り位置とかで動きを変更できる様にダイヤログで操作できるようにしたり
アップデートの機能を作ったり、なんだかんだしてやっとのことで商品化にすることができました。
それがversion1.03
その時はまだRoserairの結果が発表前だったので、Roserairではなくて
Tsutsujiちゃんの早く発売しなよぉ!に背中を押されて
Dentellerobeに入れて発売することにしました。
で、これからスクリプトのバージョンアップがSLのライフワークのようになってしまいました。
=更新履歴=
version1.06 アップデート周りの仕組みを変更する予定?
version1.05 
コードの見直し。クライアントクラッシュでもスカートの変数を保持して変な風にずれないようにしました。で、スクリプトをリセットするダイアログのボタンは無くしました。
*Update-HUD-v1.05 
すばやく最新スクリプトを配布できるようSIM間通信で配布するようにしました。
version1.04 
日本語版version1.03と英語版version1.03_ENの統合。ひとつのスクリプトで両方の言語でメッセージを出すようにしました。スクリプト禁止地域で動作をするように変更しました。
*Update-HUD-v1.04 
初のUpdateHUD配布。この時はとにかくあちこちのモールで取得できるように置きました。
version1.03_EN  
メッセージをすべて英語版にしたものを発売。中のHELPはJCIオフィサーのAdzukiさんに翻訳をお願いしました。
version1.03  
ダイヤログで操作できるように変更。アップデートの仕組みを入れて”The project of Moveing Skirt start!”と題して動くスクリプト入りスカートを発売。ユーザービリティはあゑちゃんの意見を取り入れました。
version1.02  
reikaさんにコーディングを修正してもらう。
version1.01  
とりあえず動く。NOWさんZAWさんにテストしてもらう。
MovingSkirtScript

Posted by mayuko at 13:22 | Category 総合

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使って
この記事にトラックバックを送ることができます。
もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合には
こちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.


« Prev itemNext item »

Comments

Leave comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。